わんこそばに挑戦をするのであれば、できるだけ多く食べたいと考えている人もいるでしょう。

挑戦をする前に知っておきたいのが、わんこそばの量についてはお店によってかなりの違いがあるということです。

お店によっては、わんこそば7杯程度で普通のおそば1杯分にしているところもありますし、12杯分で1杯分にしているところもあります。

このため、単に何杯食べたかだけでは比較をすることができないので、勝負をするのであれば同じお店で行う必要があります。

そんなわんこそばですが、できるだけ多く食べるにはポイントがあります。

1つ目は、めんつゆを飲みすぎないようにするということです。

1杯の側につゆが付いていますが、これをすべて飲み干しているとお腹が膨れてくるので注意が必要です。

2つ目は、付け合わせの薬味も上手に利用をするということです。

同じ味ばかり食べていると味に飽きてしまって食べたくなくなってしまうので、薬味は重要です。

何度か経験をしている人だとマイ薬味を持ってくるような強者もいます。

本来は時間制限などなく食べるものなので、ゆっくりと自分のペースで食べていくのがたくさん食べるコツです。

無理をして、お腹を壊さないように楽しく「わんこそば」にチャレンジしてみて下さい。